中山美穂の現在の劣化に悲鳴が!画像あり。太った原因は住まい?

 

今回は、女優で歌手の中山美穂さんについてご紹介します。

最近になってテレビ出演の機会が増えてきた中山美穂さんについて、現在劣化し太ったのではないかと噂になっています。若い頃を知る人たちからはひどいとまで言われる中山美穂さんの現状と住まいについて調べてみました。

中山美穂の現在の劣化に対してドラマを見た視聴者から悲鳴が!

中山美穂さんが劣化したと言われるきっかけとなったドラマは、2017年春にフジテレビ系で放送された『貴族探偵』でした。

画像からもはっきりと確認できますが、ほうれい線がくっきりと入っています。さらには、メイド服が似合っていないというコメントも相まって、中山美穂さんが変わったという話題に火が付きました。

翌2018年春にテレビ朝日系で放送された『未解決の女』で第1話に登場した中山美穂さんは、アラフィフ女優としての貫禄を見せつけていたのですが、中山美穂さんの若い頃を知る視聴者やネットユーザーからは、最近の中山美穂さんの劣化について悲観的なコメントが目立っていました。

昔の中山美穂さんの印象が強い人たちにとってみると、最近の中山美穂さんの劣化がとてもショックだったようです。

 

中山美穂の現在の劣化に対して称賛が!画像あり

中山美穂さんの劣化を悲観的に捉える声が多い一方で、こんなコメントも目立っていました。

コメントにもあるように、アラフィフという年齢を考えれば、この美しさは確かに異常なのかもしれません。

中山美穂さんの劣化に関する口コミの中には、劣化したというものだけではなく、劣化がひどいとまで言及しているものもあるのですが、果たして本当にそこまで劣化しているのでしょうか。

中山美穂さんと同じく1970年生まれの有名人には、渡辺満里奈さんや鶴田真由さんなどがいますが、どの方も年相応といった印象です。

鶴田真由さんに関しては、画像こそ見つからなかったものの、白髪がかなり目立ってきているとも言われていますので、とりわけ中山美穂さんだけが劣化が激しいというわけではありません

劣化がひどいとまで言った方の深層心理まではわかりませんが、もしかすると妬みも含まれているのかもしれません。

 

中山美穂が現在劣化した原因は若い頃と比べて太ったから

中山美穂さんが太ったと言われているのですが、まずは若い頃の画像をご紹介します。

中山美穂さんがほかのアイドルたちと一線を画し伝説とまで言われる人気を誇ったのは、ドラマ「毎度おさわがせします」での、それまでになかったドラマの鮮烈な内容と、ツッパリ少女・のどか役を演じた点です。

型どおりの清純派とは一味違ったキャラクターとなり、人気を獲得しました。

当時14歳だった中山美穂さん。ビジュアル的には、昭和の歴代アイドルの中でもトップクラスという評価があったといわれるほどでした。

スポンサードリンク

1987年に放送された主演ドラマ「ママはアイドル」の頃の中山美穂さん。この時の役柄・中山美穂の愛称ミポリンが、実際の中山の愛称としても定着しました。

このときの中山美穂さんの年齢は18歳です。ちなみに、マドンナ役として世間に女優中山美穂の存在を知らしめたのが映画『ビーバップハイスクール』でした。

当時の年齢は15歳ですが、とても15歳には見えないですね。

一方で、最近の中山美穂さんの画像を見てみると、口コミにもあるような太った?と感じさせる画像がいくつか見つかりました。

肩や腕、特に二の腕に贅肉が付いたからでしょうか、少々肩幅が広くなっているようにも見受けられます。

こちらの画像では、頬のふくらみが見受けられます。一般的には、年齢を重ねていくにつれて重力に耐えられなくなり頬や顎の贅肉が下がってくるのですが、中山美穂さんの場合は、頬に付いた肉が下がっていません。

違和感を感じる人の中には、整形を疑う人もいるようですが、もしかするとヒアルロン酸注入やボトックス注射をした可能性もあります。

若い頃の画像と比較すると、現在の中山美穂さんが太ったというのは紛れもない事実のようです。ですが、年相応のふくよかさだと感じますし、つい最近ではまたスリムになってきているとも言われています。

こちらの画像をご覧ください。

先ほどの画像とは打って変わって、全体的にスリムになっていることがわかります。特に顔がスリムでコンパクトになったことが特徴的です。

 

中山美穂が現在劣化し太った原因は住まい

中山美穂さんが太って劣化した原因は住環境の変化にあるのではないかとの声が上がっていましたので、中山美穂さんの現在の住まいについて調べてみました。

 

中山美穂の現在の住まいはパリと渋谷にある?

中山美穂さんは元旦那である辻仁也さんと結婚した2002年にフランス・パリに移住し、それ以降は専業主婦としてパリで生活していました。

ところが、2014年に離婚して以降、その生活状況が一変しました。これまではパリで専業主婦として暮らしていた中山美穂さんですが、離婚して以降は日本での仕事を再開したため、しばらくは日本とフランスを行き来する生活が続いたようです。

日本の自宅は渋谷にあるのですが、離婚してからおよそ2年間は、日本とフランスの往復生活をしていたことから、心身ともにかなりのストレスがあったはずですので、そのことが中山美穂さんの劣化につなかったのではないかと考えられます。

ちなみに、現在は渋谷の自宅で一人暮らしをしているとの情報があるのですが、息子さんと同居したりはしていないのでしょうか。

 

中山美穂は現在息子と同居してる?

中山美穂さんは辻仁也さんと結婚した2年後の2004年に長男・十斗くんを出産しているのですが、十斗くんの親権は中山美穂さんではなく辻仁也さんにあります。

離婚の原因が、中山美穂さんに新しい彼氏ができたこととされているため、離婚後の中山美穂さんと十斗くんの関係は複雑なようです。母親としては息子に会いたい気持ちは当然強いはずですが、十斗くんからすると、父親以外の男性に心を許した母親に対して、心穏やかではないようです。

そのため、中山美穂さんは現在、渋谷にある自宅マンションで一人暮らしを続けている状況です。

 

中山美穂が劣化したその他の原因は?

中山美穂さんが劣化した主な原因をまとめてみました。

 

中山美穂が劣化した原因は加齢

中山美穂さんの芸能界デビューは中学1年生のときですから、そりゃあ昔から中山さんのことを知ってる視聴者であれば、劣化したと思うのが普通です。

いくら女優でも、肌のたるみやシワは年齢を重ねるごとに増えていくんですから。

先ほどもお伝えした通り、中山美穂さんは1970年生まれです。年相応に細胞は衰えていくものですので、ある程度の劣化は避けようがないと言えます。

 

中山美穂が劣化した原因は映像技術

テレビの画質は年々4Kや8Kなどといった高画質になっているので、それが理由で中山美穂さんの劣化が年々目立つようになってきたと言われています。

実物を肉眼で見るよりも、テレビ画面を通して見た方がより細かいシワやシミが見つかりやすいという時代になってきています。女優さんって大変ですね・・・。

 

中山美穂が劣化した原因は女優活動の休止

中山美穂さんは2002年に辻仁成さんと結婚し、芸能活動を休止して一時期はパリへ移住していました。

その後、2010年に女優活動を再開しており、その間中山美穂さんをテレビで見ることは非常に少なかったため、久々に中山さんを見た視聴者から「劣化した」と言われているみたいです。

中山美穂さんが芸能活動を休止していた約8年間は、ファンの記憶の中にある中山美穂さんが2002年の中山美穂さんですので、約10年後の姿を見て変わったと感じてしまうのは致し方ないことだと思います。

 

中山美穂が劣化した原因はストレス

中山美穂さんは2014年に辻仁成さんと離婚し、子供の親権は辻さんがもつことになりました。それにより、中山さんは子供に会う機会が全然なくなり、そのことを残念がっている姿がメディアなどで見られました。

そんな子供に会えないというストレスが中山美穂さんの劣化につながっているのではないかとも言われています。

心労は肌や体調に大きな影響を及ぼすと言われていますので、子供に会えないストレスが劣化の原因である可能性は高いです。

アラフィフ世代の女優といえば数多くの女優さんがいますが、中山美穂さんの独特な演技力や存在感で、今後もどんどんと活躍していただきたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました