小沢真珠の旦那は歯科医院で歯科医をしてる?画像あり。子供の幼稚園はどこ?

出典:thetv.jp

今回は、女優の小沢真珠さんについてご紹介します。

小沢真珠さんは、2014年2月に8歳年下の一般人男性結婚し、現在は2児の母として子育てと芸能活動を両立しています。そんな小沢真珠さんの旦那さんが歯科医院歯科医をしているそうですので、画像と合わせて、旦那さん情報をまとめました。また、小沢真珠さんの子供の幼稚園がどこなのかについても迫ってみましょう。

小沢真珠の旦那が歯科医院で歯科医をしていたのは過去の話?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小沢真珠(Maju Ozawa)さん(@maju_ozawa)がシェアした投稿

2004年に放送された『牡丹と薔薇』では、いじめ役として出演し、世間を席巻した小沢真珠さん。その当時は怖い女性というイメージが強過ぎる余り、結婚とは無縁な人なのかなと勝手に思い込んでいましたが、2014年に一般人男性と結婚しました。

一般人男性ということで、名前は公表されていないのですが、ネットでは、小沢真珠さんの旦那さんは、畠山佳大さんという名前で、職業は歯科医師ではないかと言われています。

「畠山佳大」という名前で検索すると、確かに歯科医師であることがわかりました。2016年に開業した神奈川県川崎市にある「Authent Dental Clinic」の院長として、歯科医院を経営しているようです。

ちなみに、小沢真珠さんと結婚した頃は、AO1デンタルクリニック(旧青山一丁目歯科医院)に勤務していましたので、「小沢真珠さんの旦那さんは歯科医院に勤務をしている」という情報は、2015年以前の話ということになります。

畠山佳大さんのプロフィールを見てみると、2009年に日本歯科大学新潟歯学部を卒業したと記載されています。

日本の学校教育法では、歯学部は医学部などと同様に6年間を最低修業年限とするとされています。

ストレートで大学に入学し、留年をせずに大学を卒業したと仮定すると、1985年生まれということになりますので、1977年1月生まれの小沢真珠さんとの年齢差は8歳ということになり、ばっちりと当てはまりますね。

素晴らしいと評価されるような治療をするため、私たちは10年20年先を見据えた診断力となるべく歯の神経を残す、歯を抜かない治療方針を徹底しています。

引用:authent-dental.com

歯を抜かないという治療方針に安心感を覚えて通院している患者さんも多いようで、県外から通う患者さんもいるそうです。

 

小沢真珠と旦那の馴れ初めは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小沢真珠(Maju Ozawa)さん(@maju_ozawa)がシェアした投稿

小沢真珠さんと畠山佳大さんは、友人の紹介で知り合いました。出会った場所は何とロンドン!バスに乗ってロンドン市内を一周するバスパーティーでお互いに意気投合し、パーティーの翌日に畠山佳大さんが交際を申し込む形でお付き合いがスタートしました。

芸能人と言えば、歯が命と言っても過言ではないほど歯を大切にする人が多いです。小沢真珠さんもその1人で、歯のケアには人一倍お金と時間と労力をかけているとのことです。そんな折に、友人から紹介された歯科医院が、当時畠山佳大さんが勤務していたAO1デンタルクリニック(旧青山一丁目歯科医院)であった可能性が高いです。

小沢真珠さんはこれまで、年上の男性との交際が続いていました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

谷口奈々美(KCE)母管理さん(@nanami20040505)がシェアした投稿

俳優の唐渡亮さんとは、仮面ライダーアギトで共演したことがきっかけで交際に発展しました。

小沢真珠さんと唐渡亮さんの年の差は12歳で、一時期は芸能人同士の結婚か?と囁かれたこともありましたが、結婚には至らず破局してしまいました。お互いに多忙な中での交際だったため、すれ違いによる価値観のズレが原因とされています。

次に交際報道があったのは、やはり年上の男性でした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

貞方邦介さん(@sadakata.kunisuke)がシェアした投稿

カリスマ社長とも呼ばれていた青年実業家貞方邦介さんと交際しており、結婚間近とも言われていましたが、当の小沢真珠さんは交際を完全否定していました。ちなみに、小沢真珠さんと貞方邦介さんの年の差は10歳でした。

恋多き女とまではいかないまでも、恋の噂が絶えなかった小沢真珠さんが、結婚を噂される段階までいきながら最終的には結婚に至らなかった最大の理由は、仕事が忙し過ぎたということです。

『牡丹と薔薇』で一躍時の人となって以降は、ドラマはもちろんのこと、映画、CM、バラエティ番組、雑誌やメディアの取材等々、隙間時間がなくなるほどのスケジュールで仕事をしていたことから、結婚に踏み込むタイミング逸していました。

畠山佳大さんとの結婚を発表した当時、小沢真珠さんのお腹の中にはすでに赤ちゃんがいる状態でしたので、一部では「小沢真珠はデキ婚」と言われていました。確かに、デキ婚であることに間違いはないのですが、交際が始まってから2年が経過していました。ですので、巷で言われている”デキ婚”のイメージとは違い、計画的な妊娠と結婚だったのではないでしょうか。結婚を発表した当時の小沢真珠さんの年齢が37歳でしたので、出産を考えると、これ以上先延ばしをすると結婚はおろか、出産ができないと判断した上での行動だったと考えられます。

 

小沢真珠の旦那は私生活がダメダメで離婚の可能性も?!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小沢真珠(Maju Ozawa)さん(@maju_ozawa)がシェアした投稿

小沢真珠さんは、2018年6月28日に日本テレビ系で放送された『ダウンタウンDX』に出演し、普段の私生活を赤裸々に語っていました。

中でも旦那さんに関するコメントが注目を浴びていましたので、その概要をご紹介します。

・旦那は自分で卵を割ることもできないくらい不器用なので、身の回りのことは小沢真珠さんがやっている

・カレーをよそうこともできない(しない)

・夕食には必ずおかずを三品以上出さないといけないというルールが敷かれている

出典:authent-dental.com

辛辣なコメントが複数上がっていましたが、特に奥様と思しき人たちからは、かなり辛辣で怒りにも満ちたコメントがありました。

小沢真珠さんがテレビで語ったことが全て真実だとは限りませんが、女優業と育児に加えて旦那の世話ともなると、小沢真珠さん自身の時間がほぼゼロの状態である可能性が高いです。

この生活が続き、旦那さんに対する苛立ちやストレスが蓄積していくと、いずれは離婚という話が出てくるかもしれません。

 

小沢真珠の子供の幼稚園は超名門?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小沢真珠(Maju Ozawa)さん(@maju_ozawa)がシェアした投稿

小沢真珠さんは、2014年8月28日に長女を、2016年10月26日に次女を出産しました。

長女は現在、幼稚園に通っている年齢ですが、通っている幼稚園は不明でした。都内の幼稚園であることは間違いないのですが、7月に夕涼み会をし、10月にはハロウィンイベントが開催される幼稚園という情報しか得られませんでした。

また、ウィズダムアカデミーと呼ばれる、様々な習い事をまとめて習うことができる教室にも通っているようです。

次女は現在、幼稚園に入る前の状態ですが、2018年4月23日に都内にある認可外保育園に入園したようです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小沢真珠(Maju Ozawa)さん(@maju_ozawa)がシェアした投稿

インスタにアップされた画像からも明らかなように、顔(目)出しNGで、通っている幼稚園や学校、名前等は全て非公開となっています。今後新しい情報が入り次第、こちらに追記していきたいと思います。

 

小沢真珠の子供に対する教育方針が話題!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小沢真珠(Maju Ozawa)さん(@maju_ozawa)がシェアした投稿

”女優小沢真珠”と言えば、どうしてもドラマのイメージが先行し、厳しい表情で誰に対しても厳しい態度で接しているイメージが強いため、自分の子供に対しても厳しいのかなと思ってしまいます。

ところが、私生活での小沢真珠さんは仏のように優しいそうで、特に子供に対しては周囲も驚くほど仏のように優しい母親だということです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小沢真珠(Maju Ozawa)さん(@maju_ozawa)がシェアした投稿

小沢真珠さんは2017年末に出演したバラエティ番組で、自身の子育てに関する質問に対して、子供を怒ることができないと語っていたことがありました。

その理由は、小沢真珠さんが育った家庭環境が影響していました。子供の頃、小沢真珠さんはとても厳しく育てられたそうで、抑圧された環境下でストレスが鬱積し、一時期は非行に走りかけた時期もあったようです。

そんな経験があるため、親の教育を反面教師的に捉え、自分の子供に対しては怒らないスタイルで教育しようという考えなのでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小沢真珠(Maju Ozawa)さん(@maju_ozawa)がシェアした投稿

小沢真珠さんの教育方針はずばり、”できる限り自由にさせる”です。また、親が子供に対してあれこれと押し付けるようなことをしないというのも小沢真珠さんの教育方針の1つです。

親があれやこれやと口を挟むのではなく、子供が自分自身で考えて行動する癖をつけることで、たくましく、そして想像力のある大人に成長してほしいという小沢真珠さんの思いが伝わってきます。

 

小沢真珠の実家は金持ちで子供への教育方針が凄かった?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小沢真珠(Maju Ozawa)さん(@maju_ozawa)がシェアした投稿

小沢真珠さんの実家はとても由緒ある家柄だそうです。小沢真珠さんの本名は土方典子で、実家は東京都新宿区神楽坂にあります。

苗字と実家の住所だけでも何となくお金持ち感が漂っていますが、小沢真珠さんの祖父曽祖父東大教授でした。法学者として数々の研究業績を残した人物です。

そして、小沢真珠さんに対して施された教育はとても厳しいもので、箸の上げ下ろし、あいさつ、学習など、ありとあらゆる面において、「ザ・昭和」の教育が行われました。

小沢真珠さんが通っていたのは、世田谷にあるお嬢様学校として有名な、鷗友学園女子中学校高等学校です。完全な中高一貫高であるため、高等学校では生徒を一切募集しないという方針を取っている学校です。

卒業生には、岡江久美子さん、伍代夏子さん、よみうりテレビアナウンサーの小林杏奈さん、テレビ朝日アナウンサーの久保田直子さん、NHKアナウンサーの桑子真帆さんなどがいます。

小沢真珠さんの育ちの良さは、バラエティ番組などで見せる立ち振る舞いや、食事をするシーンでの箸の持ち方や食べ方から伝わってきますが、それ以外にも、小沢真珠さんの近所に住む人たちから、育ちの良さを表す以下のようなコメントが上がっています。

「スーパーで買い物しているのをよく見かけました。女優さんなのに変装もせず、エノキを一袋ずつ丁寧に吟味したりしていて……。いい奥さんになるんじゃないかしら」(近隣の主婦)

引用:ameblo.jp

近所の人の目撃談にあるように、庶民的な一面があるんですね。

本当のお金持ちは、質素な暮らしをしているという話を聞くことがありますが、小沢真珠さんはまさにその典型例なのかもしれません。

今は子育てに多くの時間を取られているため、本格的な芸能活動は行っていませんが、子育てが落ち着いてきたら、また本格的に芸能活動を再開するものと思われます。そのときには、これまでにも増してより一層魅力的な女優・小沢真珠を見ることができること請け合いです。今後の小沢真珠さんの動向に注目していきたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました