三田佳子の若い頃の画像が綺麗!美しさの秘訣は旦那?!

出典:news.livedoor.com

今回は、女優の三田佳子さんについてご紹介します。

日本を代表する大女優の三田佳子さんは、1941年10月8日生まれです。驚くべきはその美しさです。今でも十分に綺麗で美しいですが、若い頃はどうだったのでしょうか。画像をもとに検証するとともに、旦那さんについても調べてみました。

三田佳子の若い頃がとんでもなく綺麗!画像あり

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

三田佳子さん(@mitayoshiko445baaba)がシェアした投稿

三田佳子さんは、女子美術大学付属中学校・高等学校時代から、テレビ出演をはじめとした芸能活動を行っていました。

高校在学中から映画会社数社にスカウトされていましたが断り続け、高校を卒業した1960年春に第二東映へ入社しました。第二東映へ入社した年に『殺られてたまるか』で女優デビューを果たします。当初から主役級で起用され、佐久間良子さんに次ぐ東映現代劇の看板女優との扱いを受けました。

入社した年からデビューするだけでも相当すごいことですが、三田佳子さんの場合はいきなり主役級での起用ということですので、当時から大物の片鱗が見え隠れしていたのでしょう。

1984年には『Wの悲劇』での女優役の演技が高く評価され、各映画賞を総なめにしました。

スポンサードリンク

1986年には、当初より三田寛子さんの演技力を買っていた橋田壽賀子脚本作品の『いのち』に主演し、高視聴率を獲得し、三田佳子人気を不動のものとしました。

1989年と1990年には『NHK紅白歌合戦』の紅組司会を連続して務めるなど、時代を彩る大女優として活躍していました。

好感度の高さから数多くのCMに起用され「CM女王」とも呼ばれ、高額納税者番付において俳優・タレント部門で1991年から1994年まで4年連続で首位、名実ともに「日本を代表する女優」となりました。強烈な個性がないかわり、多くのファンに感情を移入させるタイプの女優と高い評価を受けていました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

三田佳子さん(@mitayoshiko445baaba)がシェアした投稿

今で言うと栗山千明さんに似ているという声も上がっていました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@nobodyposvogoritがシェアした投稿 –

それにしても、昭和の女優さんは極端に綺麗な人が多い気がします。

松坂慶子さん、松原智恵子さん、年齢は少し若くなりますが片平なぎささんなど、絶世の美女と呼べる人が多かったように思うのは私だけでしょうか。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

久保田一三 Ichizo Kubotaさん(@ichizokubota)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Fumi Udoさん(@fumiudo)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

九州男児さん(@kyusyu_danji)がシェアした投稿

スポンサードリンク

この時代は、アイプチやプチ整形、美容整形というものがない時代ですので、三田佳子さんの美魔女レベルの美しさは本当にすごいと思います。

 

三田佳子の若い頃の画像を見た世間の反応は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

三田佳子さん(@mitayoshiko445baaba)がシェアした投稿

三田佳子さんの若い頃の画像を見た世間の反応をご紹介します。

今でも十分過ぎるぐらい綺麗で美しく、また色気もありますが、見た目や演技力だけではなく、性格がチャーミングなところも三田佳子さんの魅力の1つです。

昭和を代表する絶世の美女といっても過言ではない三田佳子さんのハートを射止めた現在の旦那さんとは、いったいどんな人なのでしょうか。

 

三田佳子の旦那・高橋康夫はNHKで年収は?画像あり

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

三田佳子さん(@mitayoshiko445baaba)がシェアした投稿

三田佳子さんは、1974年に当時はNHKの映像プロデューサーをしていた高橋康夫さんと結婚しました。高橋康夫さんは1941年生まれですので、三田佳子さんとは同い年です。

高橋康夫さんの父親は映画カメラマンをしていた高橋通夫さんですので、映像関係の仕事に就くことは、幼い頃からなんとなくイメージできていたのかもしれません。

出典:officiallyjd.com

高橋康夫さんは、1976年に放送された連続テレビ小説『雲のじゅうたん』の演出、さらには1978年に放送された大河ドラマ『黄金の日日』の演出、1991年に放送された『太平記』の製作総指揮・制作を担当するなど、業界ではとても有名な人物です。

高橋康夫さんの経歴や学歴を調べてみると、まさにこの人ぞここにありといった感じで、絵に描いたようなエリートであることが判明しました。

一橋大学社会学部を卒業後にNHKに入局し、報道系には進まずにドラマ番組のディレクターやプロデューサーを長く務めてきました。

1990年にはNHKエンタープライズへ出向し、ドラマ担当常務取締役となって以降は、ドラマ制作の現場からマネージメントの仕事にシフトしていきます。NHK放送事業局ソフト開発部長、放送総局エグゼクティブプロデューサー(局長待遇)、日本賞事務局長などを歴任します。

1998年にNHKエンタープライズへ完全に移籍し、新映像プロジェクト長に就きます。ハイビジョン大型映像や劇場用映画の開発・制作を担当した後、2004年にNHKエンタープライズを退職しました。

NHKに入るだけでも十分なエリートと言えますが、ドラマやドキュメンタリーのパイオニアとして名を馳せた名物プロデューサーだったんですね。

 

三田佳子の旦那・高橋康夫は現在、歌舞伎関係の仕事をしている?

出典:engekisengen.com

2004年にNHKエンタープライズを退職した後、高橋康夫さんは企画制作会社「株式会社レシピ」の代表として企画制作の仕事を続ける傍ら、これまでの企画制作の経験を買われて、エンジン01(ゼロワン)文化戦略会議というボランティア団体にも所属していました。

エンジン01(ゼロワン)文化戦略会議は、各分野の表現者・思考者たちが日本文化のさらなる深まりと広がりを目的に参集したボランティア集団です。日本は既に誇るべき文化を持っていますが、新しい文化が生まれ育つ土壌がありません。それを築くための方法論を議論し、実際に仕組みとするために行動する場です。

引用:enjin01.org

さて、そんな高橋康夫さんについて、世間では歌舞伎の関係者なのではないか?との噂が出回っています。

元NHKのプロデューサーと歌舞伎に何の関係があるのかと思い、調べてみましたが、特にこれといった情報は見つかりませんでした。

恐らく、高橋康夫さんが所属しているエンジン01(ゼロワン)文化戦略会議のメンバーの中に、松本幸四郎さんや松本白鸚さんなどの歌舞伎俳優の方々がいたことから、高橋康夫さんと歌舞伎俳優の間で交流があるのではないか?という憶測が憶測を呼び、高橋康夫さんが歌舞伎の関係者であるという情報が出回ったのではないかと考えられます。

また、この他に考えられるのは、三田佳子さんと三田寛子(中村橋之助さんの嫁)さんを混同した人たちがいたのかもしれないということです。

いずれにしても、三田佳子さんの旦那さんが歌舞伎関係者であるというのは完全なデタラメだと言えます。

現在は、長らく在籍した映像制作の仕事を一切辞めて、のんびりと余生を過ごしているようです。

 

三田寛子は現在病気なの?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

三田佳子さん(@mitayoshiko445baaba)がシェアした投稿

三田佳子さんは自身のブログの中で「頸椎硬膜外膿瘍」で2017年に手術を受けていたことを明かしました。

実は去年(2017年)の秋口から日増しに首の痛みが酷くなり それが頸椎硬膜外膿瘍という病気だと分かったのが10月末の事。そのまま即入院~手術となり、暮れまで病院で過ごしました。

引用:tv-asahi.co.jp

脊髄硬膜外膿瘍とはどんな病気なのでしょうか。

脊髄硬膜外膿瘍(せきずいこうまくがいのうよう)とは、脊髄を取り囲む硬膜の外側に化膿菌(かのうきん)による膿瘍ができ、脊髄などを圧迫する病気です。
原因菌はブドウ球菌(きゅうきん)のことが多く、からだの各部の感染症に引き続いておこります。

引用:kotobank.jp

症状を悪化させないためには、少しでも早い治療が必要となります。まずは抗生物質を使用し、できるだけ早いうちに手術をして膿を取り除き、脊髄への負担を軽減させることでまひが軽くなります。

三田佳子さんが痛みを感じたのは首で、比較的症状が軽いうちに処置をすることができたため、大事には至りませんでした。まさに不幸中の幸いでした。

三田佳子さんは当時の様子を自身のブログで以下のように綴っていました。

「たくさんの人が心配してくれました。驚かれた方もいると思います」

「痛々しいでしょ?(笑)」

「でもね。孫も来てくれたり。みんなも助けてくれて」

引用:news.ameba.jp

三田佳子さんは1996年に子宮体癌になったことがあり、その時に5度の抗癌剤治療をしていることから、今回の脊髄硬膜外膿瘍に対しては抗生物質が効かないかもしれないと医者から告げられていたそうですので、内心ではとても不安だったと思います。

現在の体調については「今は何本も仕事をするほど元気です」と報告しており、まだまだ現役を続けるつもりのようです。

本心では引退をしたいという気持ちがありながらも、そうはさせてもらえずに次の仕事が入ってくるというのは、三田佳子さんの女優としての価値が低下していないことの証です。

ガン、息子(次男)の度重なる逮捕、そして今回の脊髄硬膜外膿瘍と、数々の苦難や試練を乗り越えて今に至る三田佳子さん。個人的には、少し休んでゆっくりしていただきたいなという気持ちがあるのですが、一方で、他を魅了するような演技をもっともっと見てみたいという気持ちもあります。

どうかお体には気をつけて、いつまでもお元気な姿を見せていただきたいと思います。今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました