西尾拓美が現在は韓国料理店オーナーとして奮闘中!嫁の西村知美の反応は?!

出典:profile.ameba.jp

今回は、元俳優で現在は料理人の西尾拓美さんについてご紹介します。

西尾拓美さんは現在、韓国料理店のオーナーとして奮闘中です。お店の経営状態や、嫁である西村知美さんの反応、さらには現在の夫婦関係についても詳しく調べてみました。

西尾拓美が現在は韓国料理店オーナーとして奮闘中!

この投稿をInstagramで見る

西尾拓美(@nishiotakumi)がシェアした投稿

1988年9月に結成されたアイドルグループCHA-CHAのメンバーとして活躍し、1992年1月にCHA-CHAが解散して以降は、歌手や俳優として活動していました。

そして1994年には、長らく所属していた浅井企画から芸英に移籍し心機一転、芸能活動で新たな領域に挑戦するのかに思われた矢先の1996年に芸能界を引退してしまいました。

そして芸能界を引退した後は、全くの畑違いである料理人に転身しています。ですが実は西尾拓美さんは、正確には1990年から料理の世界に足を踏み入れていたのです。

西尾拓美さんを料理の世界に導いたのはシンガーソングライターのさだまさしさんでした。西尾拓美さんは、1990年から1996年にかけて行われた野外ライブ『夏 長崎から さだまさし』に帯同スタッフとして参加していました。この時からすでにさだまさしさんは西尾拓美さんの料理人としての腕を認めており、当時さだまさしさんが友人と共同経営していた南欧料理店『モンペトクワ』の店長を任されていました。

スポンサードリンク

芸能界に身を置いている人間が一流のシンガーソングライターから料理の腕を認められ、店長という要職を任されたということは、料理人としての資質がすでに備わっていたということを示しています。

残念ながら、その後2004年にモンペトクワは閉店したのですが、それを機に西尾拓美さんは日本料理の修行のためにアメリカに渡りました。
そして数年間アメリカで料理の勉強をして帰国した後は、日本国内(主に東京都内)の複数の飲食店で料理の腕を磨き続けた末に、現在は東京都渋谷区広尾にある韓国料理店『韓屋』のオーナー兼店長をしています。

広尾という立地にも関わらず、料理の値段はかなりリーズナブルで、何を食べても美味しく、そして店長である西尾拓美さんの気遣いに感動するお客さんも多いようです。

 

西尾拓美の現在の仕事に対する嫁・西村知美の反応は?

この投稿をInstagramで見る

西尾拓美(@nishiotakumi)がシェアした投稿

西尾拓美さんは、1996年に芸能界を引退した翌年の1997年9月17日に女優でタレントの西村知美さんと結婚しました。
先ほどもお伝えした通り、現在は料理人として料理の世界で活躍している西尾拓美さんですが、そんな旦那さんのことを奥様の西村知美さんはどのように思っているのでしょうか。

最近ではほとんどなくなりましたが、一時期は夫婦そろってテレビに出演することもありましたが、その時の西村知美さんは西尾拓美さんのことを全面的に応援していると語っていました。

ご存じの通り、料理人の世界は仕込みから片づけまで拘束時間が非常に長く、休日も十分には取れないとても過酷な現場ですが、料理に没頭する西尾拓美さんに料理のことだけに専念できる環境を提供したいという思いから、西村知美さんは家事や育児はもちろんのこと、西尾拓美さんの身の回りのことまでを率先してこなしているそうです。

西村知美さんがこれほどまでに西尾拓美さん思いなのは、今に始まったことではなく結婚前からでした。西尾拓美さんと西村知美さんの馴れ初めは、ラジオでの共演でした。

ラジオ日本でオンエアされていた『西村知美 キュートに初恋』に西尾拓美さんがゲスト出演したことがきっかけでお互いに知り合いとなりました。ですが、まだこの当時は交際関係にはなく、仲の良い友人グループとしての付き合いでした。

その後も仲の良い友人関係が崩れることはなく、文字通り親友としてお互いに接する日々が続いていました。

ですが、やはり一緒に過ごす時間が多くなればなるほどその人のことが気になるということはあり、実際に西尾拓美さんは1991年に放送されたテレビ番組上で、西村知美さんのことを理想のタイプだと語っていました。

このときの西村知美さんは特にこれといったリアクションは見せていませんでしたが、理想のタイプに自分自身が挙げられて嫌な気持ちになるはずはありませんので、少なからず西尾拓美さんのことを意識していたことは間違いありません。
お互いに親友として接していた時間が長くなり過ぎたため、あと一歩のところで足を踏み出すことが出来なかった2人に対して、救いの手を差し伸べたのがさだまさしさんでした。

この投稿をInstagramで見る

さだまさし(@sada_masashi)がシェアした投稿

スポンサードリンク

さだまさしさんは西尾拓美さんに対して、もし西村知美さんがプロポーズを待っていたらどうするんだ!と一喝したのです。先ほどもお伝えした通り、当時の西尾拓美さんは、さだまさしさんがオーナーを務めていた南欧料理店『モンペトクワ』の店長でしたので、オーナーの一言は絶対であり、とても大きく心に響きました。そして、この勢いに押された西尾拓美さんは、西村知美さんにプロポーズしました。

偶然か必然かはわかりませんが、ちょうど同じ時期に西村知美さんはさだまさしさんの野外ライブ『夏 長崎から さだまさし』に出演しており、一方の西尾拓美さんは帯同スタッフとしてライブに参加していました。
邪推ではありますが、ひょっとすると西村知美さんはさだまさしさんに対して、西尾拓美さんのことが気になっていて、好意をもっていることを打ち明けていたのかもしれません。

 

西尾拓美と西村知美の現在の夫婦関係は?

この投稿をInstagramで見る

西尾拓美(@nishiotakumi)がシェアした投稿

西尾拓美さんと西村知美さんにはかつて、離婚の噂が出回ったことがありました。噂のソースは、西村知美さんの不妊治療でした。

2002年に読売テレビ系で生放送された『24時間テレビ』に、チャリティーマラソンランナーとして西村知美さんが出演する直前に、夫婦関係が破たんしてしまう直前の状態となっていたことが発覚したのです。

結婚してからもしばらくは子供ができない状態が続いていたため、西村知美さんは何年か不妊治療をしていたのですが、なかなか治療が思うようには実を結ばず、結果を知っては落胆を繰り返す日々を送っていました。

悲観的になる西村知美さんに対して、西尾拓美さんは楽観的に事の推移を見守るスタンスだったため、ついつい西村知美さんが一方的に西尾拓美さんに辛く当たるということがあったそうで、夫婦間のコミュニケーションが疎遠になり、その当時は離婚の可能性もあったそうです。

しかし、チャリティーマラソンランナーとして西村知美さんは日々のトレーニングに打ち込み、西尾拓美さんは料理人として西村知美さんの栄養面や食事面でのサポートに徹したため、同じ目標に向かって進むうちに夫婦仲は元通りになり、見事マラソンを走破することができました。

そしてマラソンを走破した翌年には、無事に長女を授かり出産することができました。

その後の夫婦仲については、先述した通り、お互いをリスペクトし合いながら、夫婦二人三脚の人生を楽しく明るく歩んでいますので、現在の夫婦仲はとても良好です。

 

西尾拓美と西村知美の子供(娘)の現在について

この投稿をInstagramで見る

西尾拓美(@nishiotakumi)がシェアした投稿

西尾拓美さんと西村知美さんは1997年に結婚し、それ以降6年間は子宝に恵まれませんでした。幾度の不妊治療も上手くいかず、2度流産を経験しました。子供はおろか夫婦関係も破たんしかけていた2003年に子供を授かることができ、2003年8月2日に長女、咲々さんが誕生しました。

現在は高校生ですが、目黒日本大学高等学校に通っています。タレントで実業家の渡辺美奈代さんの息子である名月さんと同じ高校で同じ学年です。

この投稿をInstagramで見る

渡辺美奈代(@watanabe_minayo)がシェアした投稿

そんな西尾拓美さんと西村知美さんの長女・咲々さんについて、可愛くないという声が上がっているようです。

画像を見ると、咲々さんはどちらかと言うと父親の西尾拓美さんに似ています。母親の西村知美さんにはあまり似ておらず、母親と比較されたり、期待されたりもする結果、可愛くないという評価につながっているのでしょう。

芸能人でも何でもない咲々さんが世間の厳しい評価に晒されるのはとても気の毒ですが、そういった声はあまり気にせず、日々の高校生活を楽しんでもらいたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました